伝統と歴史


 当部は「バドミントン競技の普及、発展に寄与すると共に技術の練磨体位の向上、人格の陶冶を目的とし、母校の名誉と伝統を維持することを創部の精神とする」として内藤安雄、梶間五郎、石井保典、友安唯之の各氏により昭和22年4月に設立され、同年7月体育会に加盟を許可される。同年当部の主唱により、明慶立三大学バドミントン連盟(後の関東学生連盟)を結成する。

 昭和23年に立教大学、昭和30年に立命館大学との定期戦が始まった。隔年ごと交互に両校体育館を使用し、毎年立教、立命館ともに定期戦が開催されている。 平成19年7月(2007年7月7日)に創部60周年祝賀会が、平成24年7月(2012年7月8日)には創部65周年祝賀会が多数のOB・OGの参加により「紫紺館」にて盛大に開催された。卒業生は350名を超える。

 男子は昭和26年関東学生春季リーグ戦に優勝、昭和28年全日本学生選手権団体戦準優勝、昭和30年、34年には3位と昭和30年代も引き続き活躍めざましいものがあった。
 昭和41年、リーグ戦2部に降格、3部の苦い時代も経て、平成14年以後は男子部員数も増え、2部上位から1部昇格を狙う地位に定着する。

 部員相互が「切磋琢磨」し、部内の競争も激しくなった。平成18年春リーグ戦には1部昇格に挑み、1部6位の青山学院大に対戦したが、残念ながら1−3で惜敗した。翌平成19年春季、秋季、続いて平成20年、21年秋季も入れ替え戦に挑戦したが、いずれも敗退した。更なる努力練磨して、乗り越えねばならぬ課題を残した。

 歴史を塗り替える日がやってきた。平成22年秋季2部リーグ戦において、優勝(4勝1敗)を果たし、念願の1部昇格をめざし、重ねること7回目の入替戦(10月10日 慶應義塾大日吉体育館)に挑戦した。成田主将以下男子選手が一丸となって筑波大を3−2で下し、44年ぶり悲願の1部復帰が実現した。これまでの1部との入替戦

 @S55秋 2−4大東文化大
 AH18春 1−3青山学院大
 BH19春 0−3青山学院大
 CH19秋 0−3青山学院大
 DH20秋 0−3中央大
 EH21秋 1−3青山学院大

 平成23年秋季リーグ戦(春季リーグ戦中止)、平成24年春季リーグ戦において1部5位を確保したが、秋季リーグ戦では6位となり、入替戦で帝京大に0−3で敗れ2部に降格した。その後、平成25年秋季リーグ戦は2部で優勝し、入替戦では古豪中央大を3−2で下し再び1部に復帰した。その間、平成23年・24年・25年と全日本学生選手権でベスト8に入賞している。

 女子は昭和40年関東リーグ戦に加盟、4部よりスタートし着実に力を付けて平成10年には2部昇格、2度の入替戦を経て、平成18年秋季リーグにおいて初の1部昇格を果たした。女子は更に快進撃を続け、全日本学生選手権団体戦において3位の成績を収めた。当部にとって男子含めて、47年ぶりの快挙と言える。しかし、平成19年秋季リーグ戦において2部降格、平成20年春季リーグ戦には再度1部復帰したが、平成21年秋季にまた降格と1部継続の苦難を経験した。

 平成22年春季リーグ戦で2部5位 秋季2位と男女ともに1部の夢は果たせることはできなかった。平成23年秋季リ−グ戦においても1部復帰に挑戦したが、1−3で青山学院大に敗れた。その後、平成24年秋季リーグ戦では2部で優勝し、入替戦では青学大に3−1で勝ち3年半ぶりに1部復帰を果たした。

 平成25年は春季リーグ戦、秋季リーグ戦ともに1部の6位となったが、春季は青学大に3−1で、秋季は日本大に3−0で勝ち1部に残留した。平成26年度春季リーグ戦では、関東学生連盟加盟校が約120校ある中で男女ともに1部の大学は、日体大、法政大、早稲田大についでわが校が4校目になる。平成29年(2017年)には創部70周年を迎える。男女とも関東大学リーグ戦「優勝」を目標に頑張っている。今後の活躍に期待したい。





 明治大学では今、伝統の「スポーツ明治」復活へむけて、体育会を中心とした強化に取り組んでいます。平成21年度(2009年度)から「スポーツAO入学試験」と「公募制スポーツ特別入学試験」を一本化し、新たに「スポーツ特別入学試験」を実施することにより、入試制度面からも体育会運動部の更なる強化を目指しています。

 これからも、教育・研究に留まらずスポーツ面でも積極的に強化を図っていくことを考えており、近い将来、スポーツ界に“メイジ旋風”が吹き荒れることを目指しています。


「スポーツ特別入学試験」については、こちらをご覧ください。


(C)明治大学体育会バドミントン部
Since 2005.9.12 Renewal 2013.01.23